いるじゅらさはニキビ肌でも使って大丈夫?

いるじゅらさはニキビ肌でも使って大丈夫?

 

いるじゅらさの特徴は

 

■美容成分による潤い
■毛穴汚れを吸着して落とす

 

なので、毛穴が固まって詰まる、いわゆる乾燥が原因のニキビの方とはわりと相性が良いです!

 

また、皮脂量が多い脂性肌の方でも、いるじゅらさの泡をのせる時間を調節すればちょうどよく使えると思います。

 

いるじゅらさはニキビ肌の方でも使っている方は多いそうなので、そこまで不安を感じることは無いと思います。

 

いるじゅらさの公式Q&Aでもこう書かれています。

 

いるじゅらさはニキビ肌にも使えますか?

肌トラブルの1番の原因は、毛穴や皮脂の老廃物が溜まってしまうことです。
いるじゅらさは毛穴の奥の汚れを『くちゃ』の泡で吸着して洗い流すことができます。
※ただし、炎症が起こっている状態、通院中の方は専門医にご相談の上、ご使用ください。

 

ただし、ニキビの悪化具合によっては使わないほうが良い場合もあるので注意してください!

 

ニキビは4種類にわかれているんですが、この中でいるじゅらさを使うのを注意する、避けたほうが良いタイプがあります。

 

■白ニキビ(ニキビの初期)
■黒ニキビ(ニキビが酸化している)
■赤ニキビ(ニキビが炎症している)
■黄ニキビ(ニキビが膿んでいる)

 

この中で、黄ニキビはとくに症状が悪化していてとてもデリケートな状態です。
ジュクジュクと汁が出るような状態だったら、いるじゅらさを使うのは避けましょう!

 

また、赤ニキビも同じでデリケートな状態なので、いるじゅらさを使う場合は泡をよく立てて、顔にのせるだけ(泡パックするイメージ)にしておきましょう!

 

また、不安なようだったらかかりつけの専門医などに相談して判断してもらうことをオススメします!

 

>>敏感肌の方がいるじゅらさを使う前にやるべきこと!